スポンサードリンク


2008年12月01日

レッスン4 流れを読む

FXのトレードで一番大事なことは流れを読むことです。

要するにトレンドに従えってことです。

全体的にドル相場が上昇しているならロング、
下降しているならショートを基本的戦法にすることです。

k4.gif


上のような相場の時にあなたならどうしますか?

ロング主体の作戦ならBでロング、Cで決済
Dでロング、Eで決済ですね。

こうすれば下げ相場でも儲けられます。

ショート主体ならAでショート、Bで決済
Cでショート、Dで決済です。

どちらでも儲けられそうなのですが、実際はそう上手くはいきません。

このとき、もし失敗したときに被害が少ないのは流れに乗った作戦です。

上の図のような下げ相場なら、ロング作戦なんかとらずに、ショートでいけば、
仮に失敗しても被害は少ないです。

では上げ相場か下げ相場かはどうやって見分ければ良いか。

基本は自分の見ているスパンの一つ上の時間軸を観察することです。

例えば自分がデイトレードをしているなら日足を、
スイングトレードしているなら週足を観察します。

すると大きな流れがわかります。

そして流れにそってロングかショートかで作戦を決めるのです。

そうすれば損する金額がかなり減りますよ。

FXで大事なことは、「損を小さく、利益を大きく」です。

損が少なくて、利益が大きければ、勝つ回数が少なくてもトータルの金額は勝てるんですよヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

よく覚えておいてくださいね。
スポンサードリンク



posted by みえこ at 00:00 | Comment(42) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。